カテゴリー「撮影地:埼玉県行田市」の1件の記事

2009年4月18日 (土)

埼玉県 さきたま古墳群と行田名物フライ

埼玉県行田市にある「さきたま古墳」を紹介します。

さきたま古墳群は、9基からなる大型古墳が集中していることで全国的に有名です。

昭和13年8月に国の史跡として指定を受け、「さきたま風土記の丘」として整備されています。

では、桶川より国道17号にて一路行田を目指します。

ひらすら北上し、吹上駅入口交差点まで直進します

00

吹上駅入口】交差点を右折します(66号線)。

さて、通常は鴻巣市【箕田】交差点から【熊谷バイパス】で行った方が近いのですが、今回は腹ごしらえするために寄り道です。

1kmほど進んだ所にある〔ものつくり大学〕の【大学入口】交差点を渡った角にある

行田名物フライの【焼きそばフライの店 山下】さんでお昼を堪能。

これが↓行田名物【フライ】です。

Yamashita01_3 Yamashita02   

フライと言っても油で揚げているわけではありません。

水で溶いた小麦粉に豚肉とねぎを混ぜて薄くフライパンで焼き、パン粉?青海苔ソースをかけて出来上がり。

キャベツは入ってませんが、お好み焼きのようなコロッケのような味がします。

大と小があり、大は直径が30cmくらいで400円とお手ごろ価格です。

焼きそばはちょっと太麺でこちらも大小あり、大は400円

この二皿で二人で食べても満足です。なぜ【フライ】なのかは諸説あり、フライパンで焼くからフライや行田の名産が布で「布来」などあるようです。

 

さて、食欲を満たしたあとは いざ、さきたま古墳へ

山下を出たら先ほどの道をさらに先へ進み、熊谷バイパスを越えて2個目の信号【佐間】交差点を右折して(77号線)、橋を2つ渡れば到着です。

私はいつも入り口を通過してその先の「将軍山古墳」の近くの駐車場に車を止めます。

0102

03

将軍山古墳を眺めつつ周りを散策。ここには資料館がありますが月曜休館です。

そして、広い芝生をお散歩。ここの芝生はとても広く、休日になると家族連れやペットで賑わい、お弁当を広げてくつろげます。

044 04

次は、稲荷山古墳です。菜の花が満開ですね。

そしてお次は、丸墓山古墳

05_206

07

頂には桜の木があり、満開時期には花見ですごい人出になるんでしょう。

あいにく時期が少し遅かったようですが、ふもとの八重桜はまだ多少咲いてました。

08_20910 

この丸墓山古墳は、直径が105mもあり円墳では日本一の大きさだそうです。

頂からの眺めは市内が見渡せて最高です。

この古墳でふと気がついたのですが、ウラシマソウが咲いていました。

実物を見たのは初めてだったのでちょっと感動!

11

この【ウラシマソウ】は花から伸びる枝みたいなものが釣竿に似ていることから付けられた名前だそうです。

近辺では、桶川の普門寺や加須市花崎の城山公園でみることが出来ます。

 

古墳の他にも博物館では、出土した副葬品などの展示があります。(月曜休館)

 

来年は桜の時期に行って見たいですね。

Dsc_3626_2_3_4_52

Mems_l50 

また当店では現在、デジカメプリント

30枚以上で10%割引

100枚以上ならなんと

50%割引

のキャンペーン中です

ぜひご来店下さい。

詳しくは当店ホームページをご覧下さい

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ 人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking

| | コメント (0) | トラックバック (0)